株式会社現代不動産


収益物件・利回りマンション・投資用不動産

[新宿西口]東京都庁中央公園前

日本の桜の名所 Best10

日本の桜の名所 Best10

第1位青森県 弘前城・弘前公園

  • 青森県弘前城・弘前公園

    東北を代表する桜の名所が「弘前公園」です。青森県弘前市の中心部に位置する、弘前城跡の広大な敷地には2,600本にも及ぶ桜の木があります。桜並木が水面に映り込む様が美しい「西濠(ニシボリ)」や、趣ある朱塗りの「下乗橋(ゲジョウバシ)」など画になる場所も多数あり、カメラ好きの方にもおすすめです。「日本さくら名所100選」は勿論、「日本三大夜桜」のひとつに数えられるだけあって、夜の桜は圧巻の美しさ!ライトアップされた幻想的な姿が浮かび上がります。

第2位奈良県 吉野山

  • 奈良県 吉野山

    奈良県の吉野山は、日本三大桜の名所の一つに数えられています。吉野山に咲く桜は、シロヤマザクラという山桜です。ほかにも多くの桜が群生しており、その総数は3万本ともいわれています。桜が開花すると、夜間のライトアップも行われます。昼間の優しげな雰囲気とは一変し、どこか妖艶な雰囲気が漂い、山全体が桜でにぎわいます。

第3位福島県 三春滝桜

  • 福島県 三春滝桜

    福島県田村郡三春町にある三春滝桜は、エドヒガン系のベニシダレザクラです。日本三大桜の一つに数えられ、国から天然記念物の指定を受けています。満開の時のさまがまるで滝のように見えるということから、滝桜と呼ばれるようになったとされています。樹高こそ13.5mと平均的ですが、三春滝桜の特徴は四方に伸びた太い枝にあります。左右25メートルにわたって広がる枝からは、小さな桜の花を無数に開かせ、見る人の心を感動させます。

第4位東京都 千鳥ヶ淵と皇居周辺

  • 東京都 千鳥ヶ淵と皇居周辺

    都内有数の桜の名所である千鳥ヶ淵。桜の季節ともなれば、例年お花見客で賑わいを見せます。千鳥ヶ淵の桜の大部分は「ソメイヨシノ」ですが、千鳥ヶ淵に植えられている桜は全部で4種類。その数実に1,000本以上の桜が、千鳥ヶ淵で咲き誇ります。 千鳥ヶ淵で最古の桜は、千鳥ヶ淵公園の向かいにある「英国大使館」の前に植えられたとされています。千鳥ヶ淵最古の桜が植えられたのは1881年なので、今から約150年前。1世紀以上も昔から、桜の名所の歴史は始まったのですね。 千鳥ヶ淵に現存する最古の桜は1955年頃に植えられたもので、樹齢は60年を超えています。この頃から数年に渡り、千鳥ヶ淵に植えられた多くの桜。1950年に開業した「千鳥ヶ淵ボート場」が殺風景だったというのが、千鳥ヶ淵に多くの桜を植えた理由だそうです。 千鳥ヶ淵と英国大使館に挟まれた「千鳥ヶ淵公園」。南北約450m、東西約20mの細長い緑地です。千鳥ヶ淵公園は、お花見客だけでなく仕事帰りのオフィスワーカーも訪れる人気のスポット。約170本の桜が植えられており、桜の名所になっています。 千鳥ヶ淵公園の桜で見逃せないのが、菜の花とのコラボレーション。桜のピンクと菜の花の黄色がお互いを引き立て、絶妙なコントラストを作り上げます。桜とともに菜の花も見頃を迎える春ならではの光景は、瞬きを忘れるほど。春をより一層味わえるスポットです。

第5位長野県 高遠城址公園

  • 長野県 高遠城址公園

    昔から「天下第一の桜」と呼ばれ、その美しさを称えられてきたのが、長野県「高遠城址公園」の桜です。「タカトオコヒガンザクラ」といわれる全国的に見ても珍しい種で、ソメイヨシノと比べると、ピンク味を帯びた小さめの花を咲かせます。例年見頃を迎えるのは大体4月中旬。1,500本といわれる桜が一斉に咲き乱れ、桜吹雪となって潔く散っていく様は壮観です!その姿を観るためにたくさんの花見客がつめかけます。遥か遠方にアルプスの峰々を望みながらの桜は、まさに絶景。ここでしか見ることのできない光景が広がっていますよ。 4月中の「高遠さくらまつり」の期間中のみ、入園料が必要となります。

第6位秋田県 角館武家屋敷通り

  • 秋田県 角館武家屋敷通り

    秋田県仙北市角館は武家屋敷の町並で、春は桜、夏は新緑、秋は紅葉、冬は雪景色と、どの時期に行っても風情のある場所です。その中でもやっぱり桜の時期は多くの人が訪れ、その絶景に魅了されること間違いなし!角館の桜は武家屋敷近くはしだれ桜で、柳のように上から降ってくるように咲くピンクの小さい桜が、黒い塀によってさらに映え、一段と美しさを増します!桧木内川にはソメイヨシノの桜並木が続き、近くには多くの屋台も出店します。

     

第7位東京都 上野恩賜公園

  • 東京都 上野恩賜公園  

    上野の山は、江戸時代から「桜の名所」として知られてきました。お花見シーズンには延べ330万人近い人出があります。春は早春の桜に始まりツツジやサツキ、夏は不忍池全体に広がる蓮の花、秋には紅葉した木々を楽しむ事ができます。「上野恩賜公園」には、例年ソメイヨシノなど約50種・約800本の桜が見られます。公園は一面が桜でまさに絶景!桜がひらひら舞い落ちる景色は本当に美しいので、ゆっくり歩きながら桜のトンネルを楽しんでみてください。

     

第8位静岡県 伊豆河津町河津桜(早咲きの桜)

  • 静岡県 伊豆河津町河津桜(早咲きの桜)  

    河津桜は2月上旬から開花しはじめる早咲きの桜で、1955年に河津町で発見されました。伊豆の温暖な気候と早咲きの特色を生かし、約1ヶ月を経て満開になります。例年は2月初旬~3月初旬が開花時期。満開の期間は約1週間から10日のため、開花情報を直前までチェックしておくのがおすすめです。満開ではなくても、五~六分咲き以上で十分満足感の得られる河津桜観賞ができます。

     

第9位大阪府 造幣局「桜の通り抜け」

  • 大阪府 造幣局「桜の通り抜け」  

    大阪の桜の季節の風物詩で忘れてはならないうちの一つが造幣局の『桜の通り抜け』。毎年、造幣局の南門から大川沿いの約560メートルの通りを一般のお花見の公開のために一週間開放しています。ゆらゆらとそよ風にゆらぐ桜の花の中を通り抜けていきます。一般の方から投稿された俳句・川柳を、翌年の桜の通り抜けの際に桜樹の短冊として吊るして披露されています。桜の花を愛でるだけではなく、このような俳句を読みながらお花見を楽しめるとても風流なスポットです。毎年、数あるさくらの中から「今年の花」が決められています。

     

第10位山梨県 富士吉田市の新倉富士浅間神社

  • 山梨県 富士吉田市の新倉富士浅間神社  

    桜の季節の山梨は格別。天然記念物の桜や湖畔の桜並木など数ある桜の名所の中でも「富士山」と五重塔「忠霊塔」との絶景コラボが必見のスポットが新倉浅間公園の展望デッキです。新倉山の麓にある新倉山富士浅間神社の境内から398段の咲くや姫階段を上り、令和4年2月1日にリニューアルした展望デッキからの眺望をぜひお楽しみください。さらに新倉山の自然道をハイクもすれば、一日満喫できます。また、桜以外にも秋には紅葉、冬には雪化粧した富士山と四季折々の絶景コラボも見事です。